手帳型スマホケースが人気の理由

□手帳型スマホケースが人気の理由

今では一人一台は持っているといっても良いほど、スマートフォンは広く普及しています。
この十数年で、私たちの生活には必需品といっても過言ではなくなりました。

スマートフォンの中でも高機能を備えている、iPhoneやギャラクシーなどは新機種となると10万円を超えるものも多くあります。

そういったスマートフォンを外部からの衝撃から守る役割がスマホケースにはあります。
スマートフォンの最も多い故障に上げられるのが、「水没」と「画面割れ」です。

多くのスマホユーザーがどちらかは経験されたことがあるのではないでしょうか。

手帳型スマホケースは、スマホの背面と前面の両方を衝撃から守ってくれるケースとして重宝されています。

□どんな種類のスマホケースがあるの?

スマホケースと一言で言ってもその種類は幾つかあります。

1 背面をカバーするシリコン素材のケース
2 背面をカバーするポリカーボネートのケース
3 バンパー型のスマホケース
4 前面背面をカバーする革製品のケース

一般的に販売されているスマホケースは以上のものにわけられます。
シリコン製のカバーは、弾力性がありクッションとなってスマホを守ってくれます。
一方で画面部分のカバーはできないので、前面から地面に落下などしてしまうと弱い点があります。
また、シリコン製のカバーは比較的に安価ですが、劣化のスピードも速いと言われています。

ポリカーボネート性のスマホケースは、ガラスのように透明なものを作ることが出来る上にガラスより数十倍の強度があります。
更に安価で製造できるため、手に入れやすい価格で販売されていることが多いです。

その反面、ケース自体が割れてしまったり、太陽光で変色してしまうといったデメリットも存在します。
また、シリコン製のカバーと同じくほとんどのものが背面のみをカバーしているものなので、画面への衝撃を守れないという点があります。

バンパー型のスマホケースは、スマホを衝撃から守るといった点に関してはお勧めできません。
側面のみのカバーとなるので、多くの利用者はスマホのデザインをカバーで隠したくないという人が使っています。
また熱が籠らないという点はメリットといえます。

皮製品の手帳型スマホケースは、前面背面とどちらの衝撃もカバーできるのでスマホを守るといった点では一番効果が高いものです。
他のスマホカバーよりも若干かさばるといった点もありますが、デザイン性の選択肢の多さや、カード収納などの+αの要素が指示されており、男女問わず人気のスマホケースとなっています。

□手帳型スマホケースを実際に使っている人の声

実際に革製品の手帳型スマホケースを利用している人の声をまとました。

●良い感想
・スマホを全面カバーしてくれている安心感は、他の形のカバーでは得られないものなので、一度手帳型にすると他は考えられない。

・色やデザインなどが多くあって、チャームやストラップを付けて自分でアレンジできるのも気に入っています。

・革製品は良いものを選ぶと、とても丈夫なので長い間使うことができるのが気に入っています。柔らかくなると厚みなどもさほど気にならなくなる。

・定期やクレカなど財布に入れておくと出すのが面倒なものも収納できて、スマホカバー以外の用途としても使えるのが気に入っている。

●良くない感想

・全面をカバーが覆うので、iPhoneのアップルのマークが見えなくなってしまう。

・白の革製品のカバーを使っていたが、汚れが目立ってなかなか落ちなかった。

・良いものになれば仕方ないが、他のスマホケースよりは高価になってしまう。

□まとめ

冒頭でお話しした通り、スマートフォンは無くてはならないものであり、尚且つとても高価なものです。
画面割れの修理費も1万円前後かかることもあり、痛い出費となってしまします。

まず守るといった観点から考えると、手帳型スマホケースが一番向いているということはお分かり頂けたでしょうか。
多くのスマホユーザーの方が、革製品の手帳型スマホケースを使い始めている理由はこういった点にあります。


Copyright (C) 2019 CIBOLA All Rights Reserved.